2017.04.18

グローバル展開の成功者たちvol.4―日本のこれからに必要なもの「2020年のその先へ」【賢者のカタリバ!】

「働きやすさにとらわれすぎて働く価値を減らしてしまう」
近年の働きやすさを重視する風潮に対する懸念を語ったのは中川氏。対談も終盤、テーマは「これからの社会で大切にすべきこと」について。お二人の意見をお伺いする中で前田氏が口にしたのは「自分の人生の手綱を自分が握っているかどうか」という考え方でした。
その他、「将来の展望」や「日本がもっと面白くなるアイディア」に関するトークも収録。2020年という日本にとって大きな意味を持つ年を控える今、さらにその先を見据えるお二人の言葉を要チェックです。

おすすめ動画

09:51

2017.03.28

グローバル展開の成功者たちvol.1―きゃりーぱみゅぱみゅ育ての親×SHOWROOM代表が本音トーク【賢者のカタリバ!】

きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、三戸なつめなど、若い世代を中心に絶大な支持を集めるアーティストを輩出するアソビシステムの代表・中川悠介氏。アーティストやアイドル、タレントなどをはじめとする誰もが生配信できる仮想ライブ空間「SHOWROOM」を提供する前田裕二氏。海を越えて愛されるカルチャーやサービスを生み出してきたふたりの特別対談第一弾!
それぞれが手掛けるビジネスの立ち上げの背景について迫った初回。果たして彼らは、グローバル展開についてどのような考えを持っていたのでしょうか?常に自然体で海外に対する憧れを持たなかったと語る中川氏。一方で、コンプレックスを乗り越えて海外への闘志を燃し続けてきた前田氏。対極とも言えるふたりの考え方に注目です。

【出演】
■中川悠介(アソビシステム株式会社 代表取締役)
2007年にアソビシステムを設立。ファッション・音楽・ライフスタイルといった、原宿の街が生み出す“HARAJUKU CULTURE”を世界に向けて発信し続けている。近年では、KAWAIIのアイコン・きゃりーぱみゅぱみゅのワールドツアーを成功させた他、「もしもしにっぽん」を発表し、日本のポップカルチャーを発信している。

■前田裕二(SHOWROOM株式会社 代表取締役社長)
2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業。外資系投資銀行に入社後、ニューヨークに移り、株式市場において数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。2013年にDeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。現在はSHOWROOM株式会社 代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いている。

10:19

2017.02.14

『副業』のパイオニアたちvol.1―ロート製薬会長×20代女子が語る新しい働き方【賢者のカタリバ!】

創業100年を越えるロート製薬の会長と、自ら起業しつつソニーにも籍を置く20代の女性の特別対談!近年話題の「副業」をテーマに、老舗企業でありながらも副業を解禁した企業のトップとして、自身がパラレルキャリアを築くビジネスパーソンとして、副業のメリット・デメリットを語ります。
vol.1の今回は、お二人が副業という働き方と向き合ったきっかけについて。限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮するために選ぶべきキャリアは、ファーストワンか、ナンバーワンか、オンリーワンか……そんな課題にぶつかった時、正能茉優さんは「オンリーワン」を実現するために副業の道に進んだと言います。「ビュッフェのように働き方や生き方を選ぶ」と語る彼女の言葉をぜひお聞きください。

【出演】
■山田邦雄(ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO)
1980年にロート製薬に入社。1990年、慶應ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得。営業職、マーケティングを経験した後、取締役に就任。その後、専務、副社長、社長を経て2009年6月より現職に就任し、現在も会社の事業を超えて新たな社会貢献の取り組みに力を入れている。

■正能茉優(株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役/ソニー株式会社 新規事業担当)
1991年生まれ。2010年に慶應義塾大学総合政策学部に入学し、デザイン思考・オーラルヒストリーを学ぶ傍ら、衆議院議員学生秘書や恋愛ゲームのシナリオライターとして活動。2013年にハピキラFACTORYを創業し、大学卒業後は大手広告代理店に就職。その後ソニーへ転職し、現在もハピキラFACTORYの代表取締役と兼業している。