2017.02.14

『副業』のパイオニアたちvol.1―ロート製薬会長×20代女子が語る新しい働き方【賢者のカタリバ!】

創業100年を越えるロート製薬の会長と、自ら起業しつつソニーにも籍を置く20代の女性の特別対談!近年話題の「副業」をテーマに、老舗企業でありながらも副業を解禁した企業のトップとして、自身がパラレルキャリアを築くビジネスパーソンとして、副業のメリット・デメリットを語ります。
vol.1の今回は、お二人が副業という働き方と向き合ったきっかけについて。限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮するために選ぶべきキャリアは、ファーストワンか、ナンバーワンか、オンリーワンか……そんな課題にぶつかった時、正能茉優さんは「オンリーワン」を実現するために副業の道に進んだと言います。「ビュッフェのように働き方や生き方を選ぶ」と語る彼女の言葉をぜひお聞きください。

【出演】
■山田邦雄(ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO)
1980年にロート製薬に入社。1990年、慶應ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得。営業職、マーケティングを経験した後、取締役に就任。その後、専務、副社長、社長を経て2009年6月より現職に就任し、現在も会社の事業を超えて新たな社会貢献の取り組みに力を入れている。

■正能茉優(株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役/ソニー株式会社 新規事業担当)
1991年生まれ。2010年に慶應義塾大学総合政策学部に入学し、デザイン思考・オーラルヒストリーを学ぶ傍ら、衆議院議員学生秘書や恋愛ゲームのシナリオライターとして活動。2013年にハピキラFACTORYを創業し、大学卒業後は大手広告代理店に就職。その後ソニーへ転職し、現在もハピキラFACTORYの代表取締役と兼業している。

『副業』のパイオニアたちvol.1―ロート製薬会長×20代女子が語る新しい働き方【賢者のカタリバ!】この動画が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ動画