2016.11.01

平成生まれのすごい女子vol.1―彼女たちが「起業」の道を選んだ理由って?

かつて「ゆとり世代」と呼ばれ話題になった女子が集結!SNSで話題の「品乳ブラ」やカップルや家族向けのフォトサービス「ラブグラフ」、現代版のお見合いサービス「恋人プランナー」などを生み出したのは、全員平成生まれの女性たち。在学中でありながら、はたまた大企業に勤めた経験を持ちながら、彼女たちが「起業」という選択をした理由とは?座談会を通じて見えてきたのは、女性ならではとも世代観ともとれる仕事に対する想いでした。

【出演】
■関口 舞(Lip Inc. 共同創業者/IT起業家)
平成2年生まれ。22歳で起業し、「好きな人と両想いかどうか確認できる」純愛アプリをリリース。2016年始めには写真を通したマッチングアプリ「nine」をリリースし、事前プロモーションにはオバマ大統領夫人やドナルド・トランプを始めとする1500万人が参加。2016年10月には恋人提案サービス「恋人プランナー」をリリースした。

■ハヤカワ五味(株式会社ウツワ 代表取締役/ファッションデザイナー)
平成7年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」を立ち上げ、「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展を行った。

■村田 あつみ(株式会社ラブグラフ co-founder CCO/WEBクリエイター)
平成3年生まれ。大学時代初期より「美学生図鑑」などのヒットメディアのデザイン・コーディングを長期にわたり担当。卒業後、リクルートホールディングスに入社。現在は在学中に立ち上げたフォト撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」の取締役CCOであり、同時に同サービスのブランディング、マーケティング、デザイン、開発をマルチにこなす女性クリエイターとして活躍している。

平成生まれのすごい女子vol.1―彼女たちが「起業」の道を選んだ理由って?この動画が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ動画