バラエティチャンネル

賢者のカタリバ!/三ツ星★くらベラー

若手からベテランまで、各業界で活躍するビジネスパーソンの座談会や対談を配信。さまざまな世界で活躍する彼らが、今の仕事を選んだ理由、乗り越えてきた挫折、今後の展望などを本音で語る!話題のサービスの誕生秘話や、今後のビジネストレンドも聞けるかも!?

動画一覧

09:51

2017.03.28

「グローバル展開の成功者たちvol.1―きゃりーぱみゅぱみゅ育ての親×SHOWROOM代表が本音トーク【賢者のカタリバ!】」

きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、三戸なつめなど、若い世代を中心に絶大な支持を集めるアーティストを輩出するアソビシステムの代表・中川悠介氏。アーティストやアイドル、タレントなどをはじめとする誰もが生配信できる仮想ライブ空間「SHOWROOM」を提供する前田裕二氏。海を越えて愛されるカルチャーやサービスを生み出してきたふたりの特別対談第一弾!
それぞれが手掛けるビジネスの立ち上げの背景について迫った初回。果たして彼らは、グローバル展開についてどのような考えを持っていたのでしょうか?常に自然体で海外に対する憧れを持たなかったと語る中川氏。一方で、コンプレックスを乗り越えて海外への闘志を燃し続けてきた前田氏。対極とも言えるふたりの考え方に注目です。

【出演】
■中川悠介(アソビシステム株式会社 代表取締役)
2007年にアソビシステムを設立。ファッション・音楽・ライフスタイルといった、原宿の街が生み出す“HARAJUKU CULTURE”を世界に向けて発信し続けている。近年では、KAWAIIのアイコン・きゃりーぱみゅぱみゅのワールドツアーを成功させた他、「もしもしにっぽん」を発表し、日本のポップカルチャーを発信している。

■前田裕二(SHOWROOM株式会社 代表取締役社長)
2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業。外資系投資銀行に入社後、ニューヨークに移り、株式市場において数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。2013年にDeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。現在はSHOWROOM株式会社 代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いている。

10:19

2017.02.14

「『副業』のパイオニアたちvol.1―ロート製薬会長×20代女子が語る新しい働き方【賢者のカタリバ!】」

創業100年を越えるロート製薬の会長と、自ら起業しつつソニーにも籍を置く20代の女性の特別対談!近年話題の「副業」をテーマに、老舗企業でありながらも副業を解禁した企業のトップとして、自身がパラレルキャリアを築くビジネスパーソンとして、副業のメリット・デメリットを語ります。
vol.1の今回は、お二人が副業という働き方と向き合ったきっかけについて。限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮するために選ぶべきキャリアは、ファーストワンか、ナンバーワンか、オンリーワンか……そんな課題にぶつかった時、正能茉優さんは「オンリーワン」を実現するために副業の道に進んだと言います。「ビュッフェのように働き方や生き方を選ぶ」と語る彼女の言葉をぜひお聞きください。

【出演】
■山田邦雄(ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO)
1980年にロート製薬に入社。1990年、慶應ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得。営業職、マーケティングを経験した後、取締役に就任。その後、専務、副社長、社長を経て2009年6月より現職に就任し、現在も会社の事業を超えて新たな社会貢献の取り組みに力を入れている。

■正能茉優(株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役/ソニー株式会社 新規事業担当)
1991年生まれ。2010年に慶應義塾大学総合政策学部に入学し、デザイン思考・オーラルヒストリーを学ぶ傍ら、衆議院議員学生秘書や恋愛ゲームのシナリオライターとして活動。2013年にハピキラFACTORYを創業し、大学卒業後は大手広告代理店に就職。その後ソニーへ転職し、現在もハピキラFACTORYの代表取締役と兼業している。

09:59

2016.12.20

「あの業界の異端児vol.1―社会の仕組みの「ここがおかしい」を異端児が斬る!」

一般企業を辞めて麺屋武蔵に飛び込んだ矢都木氏、博報堂やGoogleを経て独立したfreee代表の佐々木氏、MC型授業で話題の小学校教諭である沼田氏。各業界において既存の枠組みにとらわれない取り組みで注目を集める異端児が集結!新しい価値を生み出してきた彼らだからこそ感じている「社会の仕組みに対する違和感」とは?

【出演】
■佐々木大輔(freee株式会社 代表取締役)
一橋大学在学中にスウェーデンへ留学。卒業後は博報堂へ入社し、マーケティング・PEファンド業務に従事。株式会社ALBERT、株式会社Googleを経て
2012年7月にfreee株式会社を設立。企業のバックオフィスを効率化するサービスを提供している。

■沼田 晶弘(“MC型”教師/小学校教諭)
東京学芸大学教育学部卒業後、インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、スポーツ経営学の修士を修了。同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校教諭へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新な授業が読売新聞に取り上げられて話題に。

■矢都木二郎(株式会社麺屋武蔵 代表取締役)
「革新的で上質」なラーメン店作りを目指しコラボレーション商品も多数提案。ロッテ、獺祭をはじめ、自治体などとも幅広くコラボして斬新なラーメンを生み出す。職場環境・待遇の改善にも積極的で、「料理ボランティアの会」を通じてのボランティア活動などにも取り組んでいる。

08:37

2016.11.01

「平成生まれのすごい女子vol.1―彼女たちが「起業」の道を選んだ理由って?」

かつて「ゆとり世代」と呼ばれ話題になった女子が集結!SNSで話題の「品乳ブラ」やカップルや家族向けのフォトサービス「ラブグラフ」、現代版のお見合いサービス「恋人プランナー」などを生み出したのは、全員平成生まれの女性たち。在学中でありながら、はたまた大企業に勤めた経験を持ちながら、彼女たちが「起業」という選択をした理由とは?座談会を通じて見えてきたのは、女性ならではとも世代観ともとれる仕事に対する想いでした。

【出演】
■関口 舞(Lip Inc. 共同創業者/IT起業家)
平成2年生まれ。22歳で起業し、「好きな人と両想いかどうか確認できる」純愛アプリをリリース。2016年始めには写真を通したマッチングアプリ「nine」をリリースし、事前プロモーションにはオバマ大統領夫人やドナルド・トランプを始めとする1500万人が参加。2016年10月には恋人提案サービス「恋人プランナー」をリリースした。

■ハヤカワ五味(株式会社ウツワ 代表取締役/ファッションデザイナー)
平成7年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」を立ち上げ、「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展を行った。

■村田 あつみ(株式会社ラブグラフ co-founder CCO/WEBクリエイター)
平成3年生まれ。大学時代初期より「美学生図鑑」などのヒットメディアのデザイン・コーディングを長期にわたり担当。卒業後、リクルートホールディングスに入社。現在は在学中に立ち上げたフォト撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」の取締役CCOであり、同時に同サービスのブランディング、マーケティング、デザイン、開発をマルチにこなす女性クリエイターとして活躍している。

11:19

2016.10.01

「ヒットサービスの仕掛け人vol.1―流行を生み出す仕掛け人たちが経験した、思いもよらぬ転機とは?」

誰もが知るヒットコンテンツを生み出してきた各業界の第一人者三名が集結!テレビや雑誌、ファッションなど、人々の心を掴んで離さないコンテンツの仕掛け人たちのターニングポイントとは?若かりし日の苦労、社長からの一言、新たな挑戦を通じて気づいた可能性……彼らがヒットメーカーとなるまでの軌跡に迫ります!

【出演】
■三枝 孝臣(株式会社アブリオ 代表取締役/C Channel株式会社 取締役)
1989年に日本テレビ放送網に入社し、プロデューサーとしてバラエティや情報番組など全てのジャンルで数々のヒットコンテンツを世に送り出した。2014年に「Hulu」制作部長、インターネット事業担当部次長を経て、独立。2015年、新たにメディアデザイン事業会社、株式会社アブリオを設立。同時にC Channel株式会社取締役に就任。

■山本 由樹(株式会社「編」代表取締役社長/「DRESS」エグゼクティブプロデューサー)
光文社で「女性自身」の編集者を16年担当。2005年には「STORY」の編集長を務め、その後2010年より「国民的美魔女コンテスト」を開催し美魔女ブームを仕掛ける。現在では株式会社giftを設立し、月刊誌「DRESS」を創刊。

■南馬越 一義(株式会社ビームス ビームス創造研究所 シニアクリエイティブディレクター)
1984年に株式会社ビームスに入社。メンズカジュアルのショップスタッフを経て、ウィメンズ店舗「レイビームス渋谷」の店長へ。その後、1989年には「レイビームス」レーベルのバイヤーとして数々の功績を挙げる。2004年、ウィメンズ全体のクリエイティブディレクターに就任。現在様々なバラエティ番組やコンテストでコメンテーターや審査員を務めている。