1冊10分で読める本の要約

2017.03.03

ワーク・シフト

孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

20170303 summary

著者リンダ・グラットン 著/池村 千秋 訳

ページ数402ページ

出版社プレジデント社

定価2,100円(税込)

出版日2012年07月28日

Book Review

20年後、私たちの働き方はどのように変化しているのだろうか。朝九時に出社し、夕方の5~6時に退社するといったこれまで当たり前だったスタイルは20年後の未来でも主流なのであろうか。
1990年頃の世界と比較すると、2013年の現在は驚くべきほど変化している。特にその変化が目覚ましいのがテクノロジーの分野だ。1990年といえば、まだ携帯電話がほとんど普及しておらず、インターネット回線が引かれているオフィスもほとんどない世界であった。クライアントとは電話や手紙でやり取りをしていた時代だ。それが今では地球の裏側のチームともテレビ会議が行え、資料のやり取りもメールで簡単に行うことができるようになった。いったい20年後はどのような働き方をしているのだろうか。
本書は、テクノロジーの進化だけではなく、グローバル化、エネルギーなど五つの要素、32の現象から未来の働き方を予測している。描かれる暗い未来を「漫然と迎える未来」、明るい未来を「主体的に築く未来」と表現し、2025年に生活する登場人物の未来の生活をリアルに語っている。そのうえで、明るい未来を築くための我々が改めるべき発想を「3つのシフト」として論じている。
2025年、働き盛りである若い世代に一読の価値がある。本書で語られる通り、未来の働き方はこれまでの常識が全く通用しないものとなるだろう。今後の人生の指針を考えるためには必読書である。

要約本文

なにが働き方の未来を変えるのか? ― 未来を形づくる5つの要因

要因1 テクノロジーの進化

いま途方もなく大きな規模の創造的・革新的変化のプロセスが本格的に始まろうとしている。未来になにが待っているかを知るためには向こう数十年を形づくる5つの要因について考える必要がある。その一つ目の要因がテクノロジーの進化だ。テクノロジーは常に、仕事のあり方と人々の働き方に大きく影響してきた。
特にこの要因については、①テクノロジーが飛躍的に発展しコストが急落すること、②世界の50億人がインターネットで結ばれること、③地球上のいたるところで「クラウド」を利用できるようになること、などといった現象に注目すべきだ。

この続きはtypeメンバーズ限定です。

まだtypeメンバーズでない方

簡単1分!
メールアドレスとパスワードのみで
登録できます。

typeメンバーズになる(無料)

typeメンバーズの方

ログインID(メールアドレス)

次回から自動でログインする