コラム

2017.03.17

寝る前にメール・LINEを確認してはいけない2つの理由

「7時間睡眠がいちばん良い」「短眠は寿命を縮める」……。こうした常識、はたして本当なのだろうか?20年以上睡眠専門医として活躍中の坪田聡氏は、「睡眠のよしあしは『時間』だけでは測れない」「睡眠は『時間』と『質』のかけ算で決まり、質を高めれば5時間でも健康的な毎日を過ごせる」と言う。
しかし、短時間の睡眠では、日中にだるさが残る我々にとっては信じられない話だ。どう「質」を上げればよいというのだろうか。
そこで、最新刊『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』が話題沸騰の坪田氏に、その具体策を教えてもらう。今回は、睡眠前にやってしまいがちなメールやLINE確認の悪影響について語ってもらった。

寝る前にメール・LINEを確認してはいけない2つの理由

メールチェックは、エスプレッソコーヒーニ杯分の覚醒効果

ついついやってしまいがちな、寝る前のメールやLINEのチェック。しかし、良質な睡眠を考えると絶対にやるべきではない。

その理由は2つある。まずは「ブルーライト」の影響だ。デジタル機器の画面から放たれるブルーライトの悪影響は、あなたも耳にしたことがあるだろう。そのまぶしさやちらつきは、人間の目に確実にダメージを与える。 パソコンでの仕事が多い人に、眼精疲労や目の痛みを訴える人が多いのは、ブルーライトが原因だと考えられている。

最近の研究では、このブルーライトは、目に直接ダメージを与えるだけでなく、寝つきが悪くなる作用があることもわかってきている。
英・エディンバラ睡眠センターのクリス・イジコフスキ博士は、自身の研究で「デジタル機器のディスプレイから発せられるブルーライトが脳を刺激し、メラトニンの分泌をストップさせる」ことを明らかにした。メラトニンは睡眠ホルモンの一種。その分泌がストップしてしまえば、眠くならないのは当然だ。

もう一つの理由は、メールの内容にある。睡眠を邪魔する最大の原因はストレス。メールやLINEの確認は、ブルーライトの害だけでなく、新たなストレスや興奮材料も生みやすい。
イジコフスキ博士はこの点についても、「仕事関係のメールを見ただけで、エスプレッソコーヒーを2杯飲んだときと同じくらいの興奮状態になる」と指摘している。大変な濃度だ。

もしあなたが、寝る前のメールやLINEの確認を習慣にしていて、「寝つきが悪い」と考えているなら、今日からその習慣をやめてみよう。
「ふとんに入るとすぐに眠れる」という癖をつけると、体が眠ることに慣れ、ノンレム睡眠への導入時間が短くなる。結果、睡眠の質も上がり、目覚めもよくなる。
夜の習慣をひとつ変えるだけで、あなたの睡眠の質は見違えるほど良くなる可能性があるのだ。


出典:ダイヤモンド社 書籍オンライン Copyright © 2016 DIAMOND,Inc. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

typeメンバーズパークの最新情報をお届けします

著者紹介

  • 坪田 聡(つぼた・さとる)

    坪田 聡(つぼた・さとる)

    日本睡眠学会所属医師、医学博士。雨晴クリニック(富山県)副院長。睡眠専門医として、20年以上現場に立ち続ける。日本睡眠学会の他、日本スポーツ精神医学会、日本医師会、日本コーチ協会にも所属。ヘルスケア・コーチング研究会代表世話人も務める。1963年生まれ。石川県在住。日本を睡眠先進国にし、睡眠の質を向上させるための指導・普及に努める。2006年に生涯学習開発財団認定コーチの資格を取得し、「睡眠コーチング」を創始。2007年から生活総合情報サイト「All About」の睡眠ガイドとして、インターネット上で睡眠に関する情報を発信中。『脳も体も冴えわたる 1分仮眠法』(すばる舎)、『快眠★目覚めスッキリの習慣』(KADOKAWA)、『能力が5倍アップする 睡眠法』(宝島社)、『専門医が教える毎日ぐっすり眠れる5つの習慣』(三笠書房)など著書多数。

書籍を購入する

  • 朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」

    朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」

    著者:坪田聡
    出版社:ダイヤモンド社
    定価:1,512円

もっと見る